ニキビ跡はクリニックできちんと治療しよう|豊富なメニューがある

跡の改善に有効な化粧品

顔の手入れ

美白化粧品を使う方法

ニキビは腫れや痛みを伴う病気ですが、治ったと思ったときにはニキビ跡が残ってしまう場合も多いです。くすみやシミのように残るニキビ跡については、原因はメラニンだと考えられます。メラニンによるニキビ跡があるときの治療法としては、美白化粧品を使用する方法があります。美白化粧品として販売されている商品によって、配合されている成分が異なっていますので、ニキビ跡の症状によって使い分けることが大切です。ニキビ跡の色素沈着を治療するためには、有効な美白成分としてハイドロキノンやビタミンC誘導体という成分がありますので、これらが使用されているものを購入することがおすすめです。毎日の化粧水や乳液選びにも気を付けることが大切で、症状が大きくなっている部分にはより濃い美白成分が配合されている商品を使用したほうが良いです。

効果が期待できる化粧品

美白成分が含まれている美白化粧品を使ったニキビ跡治療では、よい一層効果を引き上げるためにピーリング化粧品を併用する治療法もあります。ピーリング化粧品は酸性の薬剤が使用されており、その効果によって古い角質を溶かすことができます。ピーリング化粧品の作用によって、肌のターンオーバー機能を引き上げることができて、美白成分が浸透しやすいように助ける作用も期待できます。ピーリング化粧品の種類としては、洗顔料や化粧水、ジェルなどの商品があり、酸性の成分といてフルーツ酸やサリチル酸、グリコール酸などが配合されていて、余分な角質層を薄くすることが可能になります。ピーリング化粧品については、使用しすぎることによって、肌へのダメージが増える可能性もあることから、1週間あたりにつき2回までの使用頻度にすることが大切です。